思い出の引き出し

2014年9月11日 (木)

幻のパティオ

むか〜し、昔、
と言っても半世紀ほど前ですが・・・

実家のある富岡市の商店街の外れに、
「あわや」という名前の衣料品店がありました。
着物にドレスに野良着に・・・
なんでも揃ってしまう、ちょっと大きなお店でした。
店構えはその当時でも古く、
入り口から裏庭まで通路が続いている造りでした。

ある時、
その通路の比較的奥のほうに、白いパティオが出現しました。
どうも、いつもは板戸で仕切られていてわからなかったみたいなのですが、
その時は板戸が取り払われていて、
中央に噴水のある小さなパティオがあったのです。

Photo
                                                    pinterestより

こんなに立派なパティオではありませんでしたが、
まだ小さな子供でしたので、
あまりにも素敵な空間に圧倒された覚えがあります。

でも不思議なことに、
その後、何度「あわや」へ行っても、
そのパティオを見ることはできなかったのです。

あれは夢だったのでしょうか?
いえいえそんなことはありません!
細かな部分まではっきり目に焼きついているし、
そんな素敵な空間は今まで見たことはなかったのですから、
夢に見ることなどできなかったはずです。

どなたか・・・
真実を知っている方はいらっしゃらないですかね〜

3

| | コメント (0)

2013年10月16日 (水)

みっちとみい

みっちが4年ぶりに遊びに来てくれました。
"みい"って呼ばれるのは久しぶり・・・

120001

あの頃 から35年・・・
そりゃいろいろあるよね〜
歳もとるわけだ・・・

そうそう!
そろそろ"同窓会"決めないとね(^_^;)

どこかいい場所知らない?

3

| | コメント (2)

2010年9月24日 (金)

ミミのアルバム

6年前、
ミミ(オス猫)が17才で永眠したときに、
心にぽっかり穴が空いてしまって、
気が付いたらミミのアルバムを作っていました。

52141

52181

52191

52211

52201

52221_2

あちこちにしまってあるミミの写真を見つけ出し、
どうにかアルバムが完成した頃には、
すっかり気持ちも落ち着いていました。

このアルバムはいつもリビングテーブルの下に置いてあるのですが、
これを見て、涙を流してくださったお客様がいらっしゃたんだそうです。
昨日、その方のお友達がいらっしゃって、話してくださいました。

やさしい心を持った方なんですね〜

やさしい気持ちに満たされた午後でした♪

| | コメント (8)

2010年7月31日 (土)

若かりし日の北海道旅行

ラベンダーの記事を書いていたら、結婚してすぐの頃に行った北海道旅行を思い出しました。

47101

主人のバイクでタンデムツーリングをしたのです。

47061

日高にある『ケンタッキーファーム』で、
馬を怖がっている私です。

47051

えりも岬

47081

神秘的な湖『オンネトー湖』

47091

『摩周湖』

47111

『ノサップ岬』

47121

キタキツネと私

47141

『網走刑務所』

旅の終盤は雨でした。

47171

『北の国から』のロケ地で
ストーブにあたっているつもり

47181_2

そして憧れの『富田ファーム』へ

でもラベンダーは刈られた後でしたsweat02
おまけに雨は降っているし、寒いし、日は暮れてくるし・・・

それでも若い頃の旅って楽しいんですよね♪
リサーチ不足でも、
足の向くまま気の向くまま・・・

今となってはできない旅です。

今度もし北海道へ行くとしたら『上野ファーム』とか『スプウン谷のザワザワ村』とかに行きたいな〜

もちろん飛行機で^^

 

| | コメント (2)

2010年6月21日 (月)

幻のガーデニングショー

10年前の春、明治神宮外苑の絵画館前広場で、約1ヶ月ほどの期間開催されたガーデニングショーをご存じですか?
毎年ロンドンで開催される『チェルシーフラワーショー』の日本版といった感じだったでしょうか?(フラワーショーに行ったことはありませんが・・・)

Scan11

広い敷地内、しかも屋外で開催された日本で唯一の本格的なガーデニングショーだったのではないでしょうか。

Scan24

竹林を移植した和風庭園や、おばあちゃん家を思い出す懐かしい庭、色とりどりの花が咲き誇る庭・・・
まるでずっと前からそこにあったかのようにそれらはありました。

Photo

残念ながらあまり写真を撮らなかったため、紹介できるのはほんの一部です。
上の写真はいずれも『ガーデン&ファニチャー』長谷川さんデザインのガーデンです。
私はこの庭に釘付けでした。

Scan13

Scan12

『フロムネイチャー』の神田隆さんがデザインを手がけたレストランも素敵でしたよ。

Scan25

Scan23

ジャンクなもので溢れていたカントリー風ガーデンは裏庭作りの参考にさせてもらいました。

Scan21

Scan22今思えば、あの時のガーデニングショーにかなり影響を受けたような気がします。
とても素敵なガーデニングショーだったのに、
あまりにも力を入れすぎてしまったのでしょうか?
たったの一度限りで終わってしまったのはとても残念です。

大空の下、のびのびとしたスペースで、色んなタイプの庭が楽しめるガーデニングショー・・・
日本にもあったらいいのにな〜

 

| | コメント (4)

2010年4月 4日 (日)

4月4日

Img4d48e0cezik1zj

1978年の4月4日、後楽園球場でキャンディーズが解散コンサートを行いました。
ファンクラブに入るほど熱狂的なファンだった主人の影響で、
いえ!たぶんその前から、私もキャンディーズが大好きでした。
可愛い衣装を着た、可愛い3人が、揺れ動く女の子の気持ちを、キュートに歌ってくれました。
あこがれでした。
もちろん解散コンサートも見に行きました。
青春時代を懐かしむには欠かせない思い出、欠かせないBGMです。

あれから長い月日が流れ、青春時代のこともあまり思い出さなくなった頃、突然の訃報がありました。
ファンクラブで一緒に活動をしていたTuさんの悲しい知らせでした。
病気だったことは知っていたのですが、いつかお見舞いに行こうと思いつつ先延ばしにしていたのです。
Tuさんとは元ファンクラブの人たちとの集まりでお会いしたり、結婚式に来て頂いたり、私も何度かお会いしたことがありました。
大きな体をしていて、ムードメーカーでもありました。
そんなTuさんともう二度と会うことができなくなってしまったのです。

葬儀のときにはキャンディーズの曲が流れていたそうです。
久しぶりに再会した元ファンクラブの人達と、
Tuさんのことを忘れないためにも、そして自分たちがしまい込んでしまった大切なものを思い出すためにも、あらためて同窓会をやろうと約束をしました。

そんな小さな約束が、なぜか大きな話になり、キャンディーズファンの大同窓会を兼ねたフィルムコンサートになってしまいました。
そして解散から30年目の、2008年4月4日、後楽園球場の跡地に建つJCBホールで「全国キャンディーズ連盟2008大同窓会」が開催されました。

この同窓会にはTuさんの奥様も招待されました。
Tuさんにはもう会えませんが、主人たちの心にぽっかりと空いてしまった穴は、この同窓会によってだいぶ埋まったようでした。

忙しく毎日を送り、前に向かって上に向かって進んで行くことも大切ですが、
時には立ち止まって、キラキラの思い出を引っぱり出してみるのもいいかもしれませんね♪

| | コメント (4)

2010年1月12日 (火)

思い出の引き出し*ボートン・オン・ザ・ウォーター

Model_village_2 少し前のテレビ番組で、コッツウォルズのボートン・オン・ザ・ウォーターという村にある『モデル・ヴィレッジ』が紹介されていました。
懐かしかったです♪

『モデル・ヴィレッジ』はボートン・オン・ザ・ウォーターの町並みを1/9で再現したミニチュアの村です。
左下の写真もミニチュアです。
リアルでしょう!
右上が本物のダイヤル・ハウス・ホテル
右下がミニチュアのダイヤル・ハウス・ホテルです。

村をまるごとミニチュアにしてしまうということは、
それだけ村が素敵だということで、
そして人々が村をとても愛しているということですよね♪
うらやましいです。

Motor_museum_2 村の中心には綺麗な川が流れていて水鳥などが泳いでいます。
川岸に沿っては蜂蜜色のお家が立ち並び、行き交う人を楽しませてくれます。

村のはずれにはモーター・ミュージアムがあり、クラシックカーや昔の生活の様子を展示しています。

お散歩をするにはもってこいの村です。

絵本のように素敵な村、そして生活・・・
誰もが憧れていることなのに、どうして現実は違うのだろう・・・

"同じように"はむりだけど、
せめて"暮らし"を大切にし、楽しむことは真似をしてみたいです。

| | コメント (6)

2009年12月10日 (木)

7年前のバスツアー

315717年前の夏、20人のバスツアーを企画し、日帰りで浜松の『ぬくもり工房』へ行きました。
『ぬくもり工房』は初めて雑誌で目にしたときからとても心惹かれて、暖めて、暖めて、暖めていた場所でした。
さすがの私も浜松はとても遠かったのです。
でもどうしても行きたくてバスツアーを企画してしまいました。
その当時、新たにできたレストラン『ドゥソール』が20人で貸し切りにしてくださるということで、20人のツアーにしたのです。

浜松までは本当に遠くて大変でしたが、
まるでおとぎの世界に迷い込んだような別世界が待っていてくれました。
たくさんの刺激と感動をいただき、また長い帰路についたのでした。

今またとても行きたい場所があります。
それがまたなんと浜松なのです。
『La rose des Vents(ラ・ローズデバン)』というお店です。
バラがとても素敵なお庭で、カフェやギャラリーもあります。

またツアーを企画しようかしら?
どうせ行くなら『ぬくもり工房』へも行ってみたいし・・・
ということはお泊まりじゃないと無理?
やっぱり浜松は遠いよ〜!

| | コメント (12)

2009年11月 3日 (火)

手作りの結婚式

Nm001125年前の今日、
茗荷谷にあった「イエスタディ」というレストランで結婚式を挙げました。
茗荷谷は大好きな町で、
独身時代の数年間と、結婚してからの3年間、ここで暮らしました。
このお店は当時ふたりのお気に入りで、時々訪れていたのです。

何でも"自分たちらしく"がモットーのふたりは、
結婚式も例外ではありませんでした。
豪華な式や、他の人が決めた内容では自分たちらしくないと思いました。
当時"レストランウエディング"などという言葉が無かった頃に、
ふたりが気に入っているレストランで式を挙げることにしました。

Nm0021_2 レストランとの交渉から音響や照明、お花の手配、
式のプログラムはもちろん、
プレゼントの準備も自分たちでやりました。
(ドレスも友人の手作りでした)
前の晩からスタッフとして手伝ってくれた友人十数人が、小さなアパートに泊まり込み、
プレゼントのラッピングやら、ウエルカムボード作りやらを手伝ってくれました。
翌日、みんなほとんど徹夜状態で式を迎えたのです^^
式の途中でも進行状況が気になって・・・
なんだか学園祭の"ノリ"でした^^

手作りの招待状にはこんな言葉を添えました。
「ほんの普段着でお越しください。できればパートナーもご一緒に♪」
当時ふたりがファンだった庄野真代さんの、『invitation』という歌からいただきました。
「娘の友達とも会ってみたい。」という父の希望で、親族たちも一緒の式だったのですが、
さぞかし皆さん驚かれたことと思います。

あまりにも大変な式だったので、
ふたりとも「もう二度とごめんだね!」って・・・^^
今となっては懐かしい思い出です。


| | コメント (22)

2009年10月22日 (木)

思い出の引き出し"25年前の素敵♪"

00601f1 25年程前にインテリアの仕事をしていたときの同僚が、
ハーバルハウスへ遊びに来てくれました。
ハーブ関係で検索をしていて、
偶然ハーバルハウスのホームページを見つけてくれたのです。
コーディネーターの学校でも同期だったNさんと、
一期下のSさんが一緒でした。

00401f1 二人とも今でもバリバリのインテリアコーディネーターで、
都内で仕事をしていて・・・
なので、ハンドメイド、雑貨、ガーデニング 、カントリーなどという世界とは無縁で、
ちょっぴりカルチャーショックを受けていたみたいです。
「こういう世界があったんだね〜」って・・・

00101f1 当時のアルバムを開いても、職場の写真などあるはずがなく、
代わりに見つけたのは、ヨーロッパへ研修旅行へ行ったときの写真でした。
その時"素敵"と感じたものを写真に撮ってきたのですが、
今でも変わらす"素敵"って感じるんですね。

00201f1_3 光と影を映し出す"窓"の魅力、
ひだまりのカフェ、
ホッとするカントリーの風景、
アイアンの曲線美・・・

そうそう!
先日紹介した"プチ葡萄棚"は、パリのメトロの入り口からヒントをもらったのです。
一度素敵だな〜って感じたことは、忘れてはいても、
思い出の引き出しの片隅にきちんとしまってあるんですね。

00501f1_2 今日は25年前の引き出しが開いて、
懐かしい思い出と、
当時の緊張感と、
素敵な出会いに触れることができた午後でした。

| | コメント (2)

その他のカテゴリー

G ファクトリー | おいしい食卓 | お出かけ2008 | お出かけ2009 | お出かけ2010 | お出かけ2011 | お出かけ2012 | お出かけ2013 | お出かけ2014 | お出かけ2015 | お出かけ2016 | お出かけ2017 | お気に入りの本・映画・音楽 | お知らせ | お裁縫 | つぶやき | アンティーク2008 | アンティーク2009 | アンティーク2010 | アンティーク2011 | アンティーク2012 | アンティーク2013 | アンティーク2014 | アンティーク2015 | インテリア2008 | インテリア2009 | インテリア2010 | インテリア2011 | インテリア2012 | インテリア2013 | インテリア2014 | インテリア2015 | インテリア2016 | インテリア2017 | ガーデン2008 | ガーデン2009 | ガーデン2010 | ガーデン2011 | ガーデン2012 | ガーデン2013 | ガーデン2014 | ガーデン2015 | ガーデン2016 | ガーデン2017 | ガーデンリフォーム | ガーデンリフォーム2 | ギャラリーM | クラフトいろいろ  | トールペイント | ドライフラワー | ハンドメイド2008 | ハンドメイド2009 | ハンドメイド2010 | ハンドメイド2011 | ハンドメイド2012 | ハーバルライフ | ハーバル小屋 | ヒルトップだより | ファッション | ブロカント | ペイント | 寄せ植え | 布花 | 庭の花たち2008 | 庭の花たち2009 | 庭の花たち2010 | 庭の花たち2011 | 庭の花たち2012 | 庭の花たち2013 | 庭の花たち2014 | 庭の花たち2015 | 庭の花たち2016 | 庭の花たち2017 | 思い出の引き出し | 手作りケーキ | 雑貨と植物2008 | 雑貨と植物2009 | 雑貨と植物2010 | 雑貨と植物2011 | 雑貨と植物2012 | 雑貨と植物2013 | 雑貨と植物2014 | 雑貨と植物2015 | 雑貨と植物2016 | 雑貨と植物2017