« 日陰の花 | トップページ | スミレの季節です »

2010年3月29日 (月)

初めてのレンガ敷き

レンガを積んだことはあるのですが、レンガを敷いたことは無かったのです。
凸凹しないように平らに敷くのって私向きではないのですが、一応がんばってみました。

40731

まず、レンガ+砕石+砂の厚み分の土を掘ります。
ここはコンサヴァトリーの床になるので一段上がります。
なのであまり掘る必要はありませんでした(v^ー゜)ラッキー♪

掘り終わったら、砕石を均一に敷きます。
さらにその上に砂を敷いて平らにします。
仕上がりのラインだけは鉛筆で印を付けておいたのですが、
それ以外はほとんど目見当です^^

砂の上にレンガを並べていきます。
スペースが決まっているので、上手くレンガが納まるように目地で調節しました。
なので通常の施工よりもちょっと目地が広めです。

今回初めてダイヤモンドカッターを使いました。
マスクをして、保護メガネをして、火花が散って、ものすごい音がして、かなりスリリングでした。

レンガが並べ終わったら目地に砂を詰めていきます。
小さなホウキで履くようにして詰めていきます。
8分目ほど詰まったら、目地砂を詰めていきます。
目地砂はとても細かくて、サンド色?をしていて・・・
そう!砂時計の砂のようです。

下地を平らにしなかったツケが最後にまわってきました。
レンガの上を歩くたびにガタガタして目地に隙間ができてしまいます。
目地を広めにとったのも要因だと思います。
レンガの上で足踏みをしたり、タップダンスをしたりしてガタガタを見つけ、砂を詰めていきました。
結構この作業が一番大変でしたsweat01

40761_2

はじめてのレンガ敷きもどうにか完成しました。
私にしてはきちんとやったほうですが、かなり凸凹していますsweat02
でも頻繁に歩く場所ではないし・・・

皆さんもできるだけ静かに歩いてくださいね^^

 

|

« 日陰の花 | トップページ | スミレの季節です »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日陰の花 | トップページ | スミレの季節です »