« キャンドルナイト・その2 | トップページ | キャンドルナイト・その3 »

2008年12月 4日 (木)

思い出の引き出し"ピーターラビットの故郷"

109291_4 ピーターラビットの故郷を見てみたくて、イギリスの湖水地方を訪れたことがあります。

ロンドンから列車に乗り、3時間ほどでオクセンホルム駅に着きます。
更に乗り換えて30分ほどで、ウィンダミア駅に到着です♪
どの町にも必ず"インフォメーション"があり、旅行者にB&Bを紹介してくれます。
その日もウィンダミア湖が見下ろせる、ボウネスのホテルを紹介して頂きました。
109331 作者のビアトリクス ポターが住んでいた"ヒルトップ"は、フェリーで湖の対岸に渡り、山道を1時間ほど歩いた"ニア ソーリー村"にあります。

イギリスには"フットパス"という歩行者専用の道があり、快適にウォーキングを楽しめます♪
1時間の道のりも、たまたまご一緒した老夫婦と、片言の英語でおしゃべりをしながらの楽しい時間でした。

ヒルトップも、村の様子も、時々姿を見せる野ウサギも、絵本そのままの世界でした♪

残念なことに、フィルムカメラのフィルムが巻き上げられておらず、その日のシーンは一枚も納めることが出来ませんでした。
でも心のフィルムにはしっかりと焼き付けてあります。

109361_3

花を愛し、自然を愛し、家族と過ごす時間を大切にして、生活することを楽しんでいるイギリス人、そしてポター。
その象徴がピーターラビットなのかもしれません。

記念に買ってきたピーターラビットのお人形やヒルトップの置物を眺めていると、「本当に大切な物」を思い出させてくれます。

|

« キャンドルナイト・その2 | トップページ | キャンドルナイト・その3 »

コメント

ハーバルさん、今日は!
ピーターラビットの故郷の湖水地方にいらしたことがおありなんですね〜。いいなぁ〜。
私も、いつか旅してみたいとこつこつ積み立てをしていますが、なかなか決行できずにいます
映画”ミス・ポター”も見たかったなぁ〜!!
我が家でも大好きなピーターラビットがあちこちの隙間に隠れています
そういえば娘は子どもの頃、ピーターのぬいぐるみを毎日片時も離さず抱きしめていたっけ。。。
私の想い出の引き出しにもピーターがいっぱいです!!!

投稿: まみりむ | 2008年12月 5日 (金) 14時28分

まみりむさん、こんばんは☆

ピーターラビットは大人からも子供からも愛されるキャラクターですよね♪
ピーターの可愛さもさることながら、
ピーターを取り巻く世界にとても魅力を感じます

ピーターラビットの故郷はまるで絵本の中に迷い込んだ様な世界でした。
私が憧れている生活がそこにはありました

イギリスに生まれたかったな〜

でも日本に生まれてしまったので、日本を満喫しなくてはね

まみりむさんも機会があったら是非訪れてみてください。
きっと、心の故郷になるとおもいます

投稿: ハーバル | 2008年12月 5日 (金) 21時13分

こないだ、ここにコメントしたはずが、されてませんでした
ビーズリースのお礼もここに書いていたんです・・・ビーズリース、ありがとうございましたいつもすみません。大事にします
さいたま自然動物公園に、ピーターラビットの資料館があって、おうちやお庭(小さな)がかわいくて、写真だけいっぱい撮った記憶がありますあと、かわいくてピーターラビットグッズも買っちゃって・・・。
湖水地方の、素敵な、ゆったりとした旅だったんですね。
いいな~~、そういうのとても、憧れます

投稿: tea | 2008年12月10日 (水) 22時51分

teaさん、こんばんは☆

先日はせっかっく来ていただいたのに、
ゆっくりしていただけず、すいませんでした
お店以外の日は商品やら何やらで、
足の踏み場も無い状態なのです
でもビーズのリース、気に入って頂いて良かったです♪

そうそう!
とても近くにピーターラビットに触れられる場所があったんですよね♪
近すぎて忘れていました

映画「ミス・ポター」も観たくなりました。
レンタルビデオやさんに行って来ようかな・・・

投稿: ハーバル | 2008年12月10日 (水) 23時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« キャンドルナイト・その2 | トップページ | キャンドルナイト・その3 »